御坂山塊ハイキングコース

御坂峠から御坂黒岳へ自然豊かな御坂山地の山脈を行く。かつてにぎわった旧道を御坂峠に向かって進み、御坂山塊の最高峰・黒岳(1,793m)へ。続いて破風山・中藤山、不逢山と尾根づたいに進み、大石峠を下るコース。ブナやミズナラが茂る稜線には所々で富士山と河口湖の眺望が開けるので、ぜひチャレンジしてください。

アクセス

御坂峠入口へは、河口湖駅から天下茶屋行き富士急行バス(4~11月下旬の土日祝日のみ運行)で約30分。天下茶屋下車。
※河口湖駅からの送迎:不可

バス路線

【甲府駅~富士山駅】
三ツ峠入口
【三ツ峠、天下茶屋ハイキングバス】
三ツ峠登山口
天下茶屋

その他

備考1

①天下茶屋で下車したら、太宰治文学碑がある茶屋周辺の遊歩道から御坂山をめざす。それほどきつくはなく、最後の急な坂を登れば御坂山頂です。周りは雑木に囲まれ、展望は不明瞭。

備考2

②御坂山を下り、御坂峠でカラマツの枝越しに富士山を眺めたら、また少し尾根道を下りて、モミやブナの茂る旧坂を登れば黒岳です。黒岳山頂は樹林に囲まれていて展望がきかないが、ここから南へ細い道を約2分ほど歩けば見晴らしのいい場所があるので、ぜひ見てみましょう。富士山に河口湖、南アルプスや奥御坂の山々が見えます。

備考3

③再び黒岳山頂に戻り、次なるピーク、破風山へ向かいます。途中、上芦川のスズラン畑へ続く分岐(スズラン峠)を超えて直進すると明るく開けた破風山頂に着く。